由良産婦人科


火曜日の診療担当医変更について


 平成29年5月より毎週火曜日10時〜15時30分は、下記の通り診療担当医が変更になります。

濱田 啓義 先生
(はまだ ひろのり)
-

*濱田先生が毎週担当します。

*従来通り、午前中は一般診療、午後は不妊専門外来です。

  濱田先生は京都大学を卒業され、現在は京都市内の足立病院にご勤務中です。妊婦健診や婦人科診療全般に広い経験を持っておられます。 また、足立病院での不妊治療にも精通し、体外受精を含めた専門的治療の準備もしていただけますので、ぜひ積極的にご相談ください。

なお、火曜日午前9時50分までと、午後4時以降の診療は茂夫医師です。


分娩予約について


 日頃、当院をご利用いただきまして大変ありがとうございます。

今後もさらに皆様のご期待に応えられる様に全職員がそれぞれの役割を果たしてまいりますので、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

 さて、当院での出産をご希望の方は、妊娠が確認されましたら、早目にご希望の旨をお知らせください。お電話だけでも結構ですので、よろしくお願いいたします。


各種費用のご案内(概算)


分娩費
(産後5日までの入院費用及び
 産科医療保障制度の保険料充当費用
 を含む)
約38万円
帝王切開の場合
(術後約10日間入院)
約48万円
妊婦健診費用 各自治体発行の妊婦健診受診券がご利用いただけます。
人工授精 8,000〜10,000円

産科医療補償制度について


 平成21年1月から全国一斉に産科医療補償制度<下記*>が開始されました。本院もこの制度に加入していますので、当院でご出産予定の方には、登録証を交付いたします。登録証は母子健康手帳に挟み込むなどして、大切に保管してください。ご不明の点は職員までお問い合わせください。


*産科医療補償制度とは
 お産の現場では予期せぬことが起こってしまう場合があります。生まれてくる赤ちゃんが万が一、何らかの原因で重度の脳性麻痺になってしまった場合、その子やご家族をサポートするために補償金をお支払いする制度です。


出産育児一時金の
直接支払い制度について


 健康保険から支給される「(家族)出産育児一時金」については、健康保険事務所から産院に直接支払われる制度があります。これによって、多額の出産費用を現金で準備していただく必要が無くなります。
当院では原則としてこの制度を利用していただいておりますのでご了承ください。